留学費用編

留学前にやっておきたい事:留学費用編

留学をする上では、当然ですがお金が必要となるわけです。
なので、まずは留学費用編について説明していきたいと思います。
留学に必要となる主な費用ですが、メインとなるのは学費と現地の滞在費でしょう。
学費に関しては、学校やコースによって違うので、事前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。
現地の滞在費に関しては、寮に住むのかホームステイをするのかによって異なるでしょうし、教材費や娯楽費なども考慮しておく必要があります。
為替レートによって、どれぐらいお金がかかるか微妙に違ってきたりするので、その点も注意するようにしましょう。
さて、上記は留学をする際に必要となる費用で、その前段階からもいろんな部分でお金がかかります。
航空券、パスポートやビザの申請、海外保険の加入など、そういった部分でも費用はかかるわけです。
もちろん、留学に向けての学習に関しても、様々な教材を購入したり、英会話スクールを利用したりすれば、そちらでもお金が必要になるでしょう。

留学前にやっておきたい事:年金手続き

留学前には、年金手続きもやっておきましょう。
海外転出届けを出すと、国民年金の支払い義務が免除されます。
住民票がある市区町村の社会保険事務所や日本国民年金協会で手続きをします。
ただ、納めなかった期間の分だけ支給額も減りますので、支払い続けてもかまいません。
長期間の留学で年金の支払い時期が不足して、受給資格がなくなりそうな場合は、 合算措置を受けることができます。
年金加入期間が25年未満だと、それまで年金を満額支払い続けても、年金を受給することはできません。
しかし、海外に居住していた期間があれば、救済されることもあります。
たとえば日本で13年間年金に加入していて支払い続け、海外に12年済んだ場合などは、その12年を合算でき、25年加入していたとみなされ、年金の受給が可能となります。
この制度を利用するには、在外公館発行の在留証明書か戸籍附表記載の海外転出記録が必要です。
そのためにも、海外転出届けは必ず出しておきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

スピルリナ サプリ 比較

2017/6/22 更新